いただきま〜す
2004.1.30
兄弟達がいなくなり、返って明るくなったシャガ。競うことが苦手なのかな。
食事も一人になってからは、ちゃんと食べられるようになり、トイレでの排泄はほぼ完璧。
部屋を駆け回り、お気に入りの場所でおもちゃで遊んだ後は私の足元に来て
前足でトントンとダッコ光線や遊ぼうよ光線を投げかけてくる。
(仮)ママはもうメロメロですぅ。
夜もおもちゃをいっぱい持ち込んだサークルの中で大人しく寝てくれるし、
1000点満点を付けちゃいます♪(親バカ丸出しでスミマセン)
でも小さい子や仔犬は、シャガの性格では負担になるかもなぁ。
人間が大好きな優しい仔だから、素敵な家族が必ずシャガを見つけ出してくれるよ。
それまではシャガといられる幸せを(仮)ママがしっかりいただきま〜す。

シャガ:なんだろう?時々光るぞ
母さん:マリン姉ちゃんの夜の散歩の時につけるのよ
無防備・無垢・無意識
2004.1.29
一人になってこんな寝姿をよくするようになった。
内向的なシャガは沢山の兄弟にちょっと圧され気味だったから
やっとのびのびと寝ることができたのかもしれない。
いい夢見てね♪

母さん:起きたらいっぱい食べようね
これな〜に〜
2004.1.28

シャガ:この紐はなんだろう、引っ張ってみようかしらん
独り占め
2004.1.27
気がついたらボクだけだった。
寂しくなんかないもん。
ボクは男の子だから強いんだもん。
お姉ちゃんとお昼寝だって独り占め。

シャガ:お姉ちゃんの手、あったかいなぁ
アイリスのご挨拶
2004.1.26
(仮)ママがちょっとドライブねって言って、わたちをぎゅーっと抱きしめたの。
いつもはそんな事しないのに、変だなと思ったら全然知らないおうちに着きました。
でも玄関には昨日のお姉ちゃんたちがニコニコしてわたちを見ていたのよ。
わたちも嬉しくてニコニコしちゃった♪
もしかして(仮)ママはわたちを家族のいるおうちに連れてきてくれたのね。

無事に家族と会えるように応援してくれたみなさん、
わたちに素敵なお姉ちゃんができました。今までありがとう。


お見合いのご報告
2004.1.25
今日、アイリスに会いにご家族がいらっしゃいました。
小学5年生と今年1年生になるお嬢さん2人とご両親です。
アイリスははじめて見る子供さんたちにビビリおしっこでお出迎え。
そんなアイリスにお2人は一生懸命声を掛け続けてくれ、
15分もしないうちに膝に上がって行くほどになりました。
パルボの事や治療途中の足の真菌や気管支炎のことなど、
全て承知した上で、1日も早くアイリスをと言ってくださる優しいご家族です。

お姉ちゃん達が学校から帰ってくるのを、
首を長くして待っているアイリスの姿が目に浮かび
思わず笑みがこぼれる預かり母なのでした。
現実にその時はくるでしょう。

アイリス:(仮)ママ〜いつの写真よー!手抜きしないで〜。
母さん:ごめん、ちょっと忙しくって。。。ほらアイリー笑みを忘れないで
頑張ろうね
2004.1.24
シャガはとても繊細な仔
それでも一生懸命、パルボの発症が一番最後だったアイリスを庇い
皆が元気になった後は、一番小さかったスミレを庇っていた。
でも、気がつくと大きくてボス的存在のシュロがいなくなり
守っていたスミレがいなくなった。。。
寂しさがシャガから食欲を取り上げた。
いろんな人の力を借りて、必ず貴方を幸せにしてあげる。
みんながシャガを愛しているんだよ。
決して一人ぼっちなんかじゃない!
だから頑張ろうね。

シャガ:ボク、ガンバルね。
ハスキーボイス
2004.1.23
なんて言ってられないのだけれど、かすれた「ワンワン」が可愛かったりする。
シャガと大騒ぎした後のアイリスが時々咳をするので病院に行ってきた。
診断の結果は「気管支炎」
食事もう○ちも快調なので、数日の投薬で大丈夫だと思う。

いつもハイパーなアイリスが病院では震えていた。
なんだかとても愛しかったよ。

アイリス:今日はプロレスごっこダメなんだって。
スミレのご挨拶
2004.1.22
今日はわたちの番です。
最初、ボランティア団体のスタッフさんが「もぐら位の大きさ」って言ったわたちだけど
いっぱい食べていっぱい遊んでこんなに元気になりました。
シャガとアイリス、いままで遊んでくれてありがとう。
わたち、小さかったから負けないようにいっぱい頑張ったんだよ。
それを解っていてくれて、プロレスの時はちょっとだけ優しかったよね。
応援してくれたみなさん、わたち幸せになります。


大変だぁ〜 PARTU
2004.1.21
足がないよ〜
。。。。。。。。。。。。絶句。。。。。。。。。。。

母さん:私も寝姿に気をつけよっと。。。
良い仔でいるのよ
2004.1.20
もうじき新しいおうちに行くのよ。
うちの母さんがオニになるところを見ているから
大抵のことは乗り切れるだろうけど
良い仔でいるのよ。
幸せになってね。

スミレ:うん、解った。良い仔になる〜
どこにも行かないで
2004.1.19
(仮)ママが言うの「もしかして。。。耳、立つのかな?」
耳って一人で立ってどこかに行っちゃうの?
それ、いやだなぁ〜
耳さ〜ん、どこにも行かないで〜

アイリス:アイリス:どお思う? 母さん:茶色いタマちゃんみたいね。
わたちのが一番!
2004.1.18
みんなで並んでしたの〜
(仮)ママは慌ててデジカメって言うのを取りに行ったけど、待ってられないわよね。

スミレ:色も艶もわたちのが一番ね♪
大変だぁ〜
2004.1.17
ふと見下ろすと。。。

大変だぁ〜!マリンの首がなくなってる!

母さん:どうしたものかねぇ マリン:母さんと同じになっちゃったの?
黒っ仔組の誓い?
2004.1.16

アイリス:私たち、ずーっと仲良しでいようね。
シャガ :うん。。。むにゃむにゃ。。。
アイリス:ねぇ、ちゃんと聞いてる?
シャガ :ん?うん。。。
アイリス:男の子ってこれだからやだわ
シャガ :もうお腹いっぱいだよー。。。ふにゅふにゅ。。。
ストーカー
2004.1.15
マリン姉の一番のお気に入りはスミレ。
「ちょっとストーカーやってみました」
そう言うマリン姉が撮った画像は。。。。。。。。

スミレ:いやぁ〜いくらお姉ちゃんでも失礼よー
改築
2004.1.14
ネットをよじ登ってしまう大きなシュロが里子に出て、ホッとしていたら
今度はアイリスが登ってしまうようになりました。
そこで(仮)ママは考えた。
ネットを買い足すのでは脳がない。あるものを利用してなんとかならないか。。。
チビ'sを暫くケージに閉じ込め、あーでもない、こーでもない。
出来上がったのは一坪ほどの「わんわんるーむ」
テレビ(見ないと思うけど)とベランダ、寝室と広いプレイルーム
さぁどうだー!と一人ご満悦の(仮)ママなのでした。

マリン:チビ達以外は窮屈だけどねぇ 母さん:ごめん。。。
ふっといの
2004.1.13
スミレの里親さんが決まりました。
ペットショップや動物病院での勤務経験を持たれる方で、「スミレちゃんを娘に迎えたい」と言ってくださいました。
とても清楚で大人しい感じの方なのですが、実は。。。
数年前に川に落とされた犬を助けようと、早朝4時に消防署に掛け合うほどの熱いものを秘めた方でした。
スミレ達保護の経緯をお話しているときに、話が定時定点回収のことにおよび
それを聞いた彼女の目が潤むのを、私は見逃しませんでしたよ。
こんなにチビで甘ったれのスミレ
ふっとい赤い糸を手繰り寄せるとは、やはり強運の持ち主です。
(仮)ママは安心して送り出せます。
パルボで一番苦しんだ仔です。
辛かったことは全部忘れて、これから新しいパパとママの元で極上の幸せを築いてね。
大好きだよ、スミレ。
幸せ配達人のボランティアさんが迎えに来るまでもうちょっとだけ一緒にいようね。

スミレ:わたち何処かに行くの?
賢い仔
2004.1.12
夢中になるとガウガウと引っ張って離さなかったアイリス。
病気で大切な乳幼児期を小さな個別の籠で過ごさせてしまったのだから
暫くは自由にさせてあげようと、今まで敢えて注意をしませんでした。
お陰で私の手も腕も傷だらけだけれど、萎縮した仔にはしたくなかったからそこはグッと我慢。
そろそろ赤い糸も拠れてくる頃、ちゃんと教えないといけないなと心をオニにして向き合うつもりだったのに
何回か注意をしたらガウガウをしなくなったのです。
オニにした私の心、肩透かしをされてどこかへ行っちゃった。
なかなか頭のいい仔だな〜と感心した(仮)ママなのです。

アイリス:わたちもう赤ちゃんじゃないのよ!話せばわかるわよ〜
屋上デビュー
2004.1.11
お天気がよかったので屋上に連れて行った。
小さくプルプル震えながら椅子の下から出てこないチビ's
様子を見ていると一番に動き出したのはアイリス、アイリスを見てソロソロと出てきたのがシャガ。
20分もするとプロレスを始めたアイリスとシャガだけれど、スミレは相変わらず動けずに、結局(仮)ママの腕の中へ。

アイリス:アイリス:初めての匂いがいっぱいするわね

シャガ:しまった!お腹が引っ掛かっちゃったよー

スミレ:なんで怖がりのわたちをこんな高いところに。。。
シュロのご挨拶
2004.1.10
ボク達マリン姉ちゃんちの4兄弟、皆さんにたくさん心配を掛けちゃいました。
でももう大丈夫!ご飯も美味しいしプロレスも楽しいし、お昼寝も大好き♪
頑張れーっていっぱい応援して貰ったからとっても勇気が湧いたよ。
そして今日、ボクは新しいおうちに行きます。
シャガやアイリスやスミレとのお別れはちょっぴり寂しいけど、みんな元気でね。
チューバ、ホルン、ピッコロ、早くに別れちゃったけど、ボク忘れないよ!
ボク達7匹を助けてくれたボランティア団体のみなさん、必ず幸せになります。
本当に本当に沢山のひとたちありがとう!


かいーのぉ Part2
2004.1.9
さっきシャガとプロレスごっこしていたらベチャって濡れちゃった。
まったく!誰だよー。
おしっこはちゃんとシーツの上でしろよなぁ〜
痒くなってきたぞー。
(仮)ママ〜綺麗にしてぇ



シャガ:ボクも痒いよー
ちょっとおすまし
2004.1.8
(仮)ママったらボクたちのこと「黒っ仔組」って言うんだよ。
健康的な小麦色って言って欲しいなぁ
ボクの自慢は真っ白なソックス。
カッコイイでしょ〜♪
(母さん:隠してる左は脱げかかってるけどねぇ)

アイリス:わたちは女の子だからストッキング派!

シャガの秘密
さよならのチュッ♪
2004.1.7
じゃなくて。。。ガブッ!

シュロの赤い糸が繋がりました。
渋谷区のご家族です。近い近い♪
以前、高校生の娘さんが迷い犬を連れて帰り、手を尽くされたそうですが飼い主さんが見つからず
このまま家族に迎えようとしていた矢先に飼い主さんが名乗りでたそうです。
それをきっかけに、わんこを正式に家族に迎えようと決心したそうです。
ならば里親を待っている仔にしようとネットで探され、シュロの赤い糸を手繰り寄せてくださいました。

シュロの笑顔は、受験を控えている娘さんたちの息抜きになることでしょう。
いつもスミレを庇っていたシュロですから、年頃になられた娘さんたちのボディーガードになることは間違いなし!

今週末頃にお別れです。
それまではもう少しだけ私の仔でいてね。

シュロ:ボクってモテルなぁ マリン:違うんじゃないかぁ

  12/10 12/14 12/16 12/18 12/21 12/27 1/ 6
シュロ ♂ 1,110g 960g 1,000g 1,140g 1,400g 2,000g 3,100g
シャガ ♂ 870g 800g 920g 1,040g 1,200g 1,800g 2,560g
アイリス ♀ 1,050g 1,050g 960g 940g 1,160g 1,800g 2,680g
スミレ ♀ 850g 600g 660g 700g 800g 1,230g 1,980g
なかよしこよし
2004.1.6
シュロとスミレはとても仲良し。
スミレとのプロレスでは、手加減したりお腹をみせるシュロ。
お昼寝だっていつも一緒。
ちょっと羨ましいぞぉ



母さん:私もこんな兄貴が欲しいなぁ マリン:マリンじゃご不満? 母さん:
シュロ
2004.1.5
最近やっと離乳食に目覚めたようです、当然ながらの大食漢。
堂々とした仕草を見せるかと思うと、やっぱりまだまだおこちゃま。
ボスの風格なのに構って欲しい時は離れた所からアイコンタクト。
プロレスは勿論、チャンピオン。

シュロ:ちょっぴり青い目と金色の毛並みがボクの自慢なの


母さん:何回みても笑っちゃいます
シャガ
2004.1.4
大きなシュロとのプロレスごっこはいつも負け組みだけれど
必殺!神風を武器に体当たりして。。。やっぱり負けます。。。
夢中になって走りまわるので、離乳食の入った器に足を突っ込んでは
慌てたように足を振りながら歩く少し天然の入った?楽しい仔です。

シャガ:ボク眠くなってきちゃった


母さん:目が怖いぞー
アイリス
2004.1.3
ふと気がつくと、じーっとこちらを見ています。
目が合うと嬉しそうにはしゃぐ様子がたまらない。
二番目に小さかった仔だけれど、今では男の子組に負けないサイズ。
最近ではプロレスごっこだって果敢に挑戦。

アイリス:アイリス:あそぼーあそぼー♪


母さん:笑っているみたい
スミレ
2004.1.2
7兄弟の中で一番小さくて、パルボになった時も最後まで心配した仔です。
手のひらの中で「生きろ〜生きろ〜」と念じていたのがウソのよう。。
今では倍近くも体重が違うシュロにだってプロレスを仕掛けるやんちゃ姫。
かと思うと抱かれてデレ〜っと眠っちゃう甘えん坊です。

スミレ:ねぇ(仮)ママ、これちょっと大きくない?


母さん:気持ちよさそうです
今年もよろしく
2004.1.1