1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. HP作成tips
  4. stylesheet
  5. インラインフレーム
表示形式を指定 |  表示位置(縦方向)を指定/a> |  回り込みを指定 |  margin・padding | 
インラインフレーム
display 表示形式を指定
h1 {
display: inline;
}
block (ブロック形式で表示)
inline (インライン形式で表示)
list-item (リスト形式で表示)
none (表示なし)
vertical-align 表示位置(縦方向)を指定
iframe要素にこのスタイルを設定すると、インラインフレームに並ぶ文字の位置(縦方向)を指定
#example {
vertical-align: middle;
}
baseline (標準位置)デフォルト
top または text-top (インラインフレーム横の上部に文字を表示します)
middle (インラインフレーム横の中央に文字を表示します)
bottom または text-bottom (インラインフレーム横の下部に文字を表示します)
数値+単位 (任意の位置に表示します)
% (任意の位置に表示します)
非表示を指定した場合でも、その領域は確保された状態になります。
領域も消したい場合は、display プロパティで none を指定
float 回り込みを指定
#example {
float: left;
}
left (インラインフレームを左に配置・テキストを右側に回り込ませる)
right (インラインフレームを右に配置・テキストを左側に回り込ませる)
none (指定なし)デフォルト
clear は、回り込みを解除
.example {
clear: both;
}
left (インラインフレームの右側にある回り込みを解除)
right (インラインフレームの左側にある回り込みを解除)
both (どちらの回り込みも解除)
none (解除しない)デフォルト
margin マージン(余白)を指定
数値+単位(px、他)か %(割合)、auto(自動)で指定
#example {
margin: 5px;
}