ある日『我が家にマリンちゃんそっくりなわんこがいたんですよ。』と掲示板に書き込んでくださったポコ姉さん。
マリンの日記をご覧になってご家族で『ポコがいる!』と驚かれたそうです。
私が2003年暮に預かったチビ達を見ていて『マリンの子供時代を見てみたかった』と日記に書いたことがありました。
『きっと子供時代も似ていたはず』と思ったポコ姉さんが画像を送ってくださったのです。
手にとった画像の中には正しくマリンがいました。。。
上目遣いの様子、横になりながらじっとこちらを見ている様子、振り返る仕草。
そして、着ぐるみのような仔犬マリン(ポコ君)がいたのです。
歓喜の声と共に流れる涙を止められませんでした。
きっとマリンもこうやって飛び回っていたに違いない。真っ直ぐな目で見つめていたに違いない。
多頭飼育現場で育ったマリンもポコ君と同じだけ。。。同じ分だけ、残りの一生を掛けて愛して上げたい。

ポコ君は2003年早春に、愛し愛されたご家族の下で14年の犬生の幕を下ろし虹の橋へ向かいました。
マリンも行く、私も行く、ポコ姉さんも行くよ。
皆で遊ぼうね。待っててね!

ポコ姉さんがレイアウトしてくださったものです。お顔はナイショです。。