犬回虫
原因
経口感染や胎盤感染、母犬の乳からの感染があります。

犬回虫
5cm〜15cmくらいの大きさになる白色の寄生虫で、成犬に見られる全身移行型と仔犬に見られる気管移行型があります。

全身移行型
    幼虫のまま色々な臓器に寄生し、胎盤感染などを引き起こします。
気管移行型
    気管から消化官へ移動し成虫になるため、糞便に虫卵が排出されます。

症状
主に無症状ですが、下痢や腹部膨満がみられこともあります。
また、下痢や嘔吐にまじり虫体が体外に排出されることがあります。

診断
虫体や虫卵の確認。

治療
投薬により駆除します。しかし、消化器官に留まる回虫にのみ有効なため、その他の臓器にいるものは駆除できません。従って、数回の投薬が必要になります。

予防
糞に排出された卵虫が感染力を持つのに2〜3週間程度かかります。
排泄時に適切な処理をすることで感染を防げます。
《 注意 》
回虫は人間にも感染する寄生虫なので、犬との過度な接触には気をつけましょう。
稀に眼球に入り込んだ回虫で失明する場合などがあります。

感染してしまったら
病院で駆除剤を投薬してもらいます。

回復したら
良く頑張ったねと誉めてあげてください♪